タムリエルの空を泳ぐ

skyrimのRP物語や、フォロワーMODの公開などなど

スポンサーサイト

 --, --   -
Category  スポンサー広告

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

プロローグ

 ぼくのけしきは、はい色でぬりたくられていた。 鉄格子の向こうではおーなーが、おとこのこをなぐりつけていた。 肉をたたくにぶい音と、くりかえされる ごめんなさい のなき声。 どうせ客にだまされて、かけおち、とやらをしようとでもしたのだろう。 ぼくは、『しごと』をしたあとなので、静かにねさせてほしい、とおもった。 なぐりながら、おーなーがツバを散らす。 逃げ切れるわけがないだろう、と。 そのとおりだ...

 16, 2016   0
Category  Skyrimストーリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。